〈RAG FAIR〉おっくんがグループを脱退し政治家へ!気になるその理由は?

アカペラグループのRAGFAIRのボイパ担当おっくんが、グループ脱退を発表しました。

脱退後は、なんと「政治の道」へ転向するそうです!とても驚きですね!

正直、おっくん脱退のニュースを見た時は、なつかし過ぎました。

数十年前のネプチューン司会のTV番組「力の限りゴーゴゴー」ではよく活躍されていたのを思い出します。

おっくんの今後の活動が気になりますね。

また、RAGFAIRは今後どのようにな態勢になるのでしょうか?


スポンサーリンク



おっくんの現在は?結婚、子供は?

おっくんこと、奥村政佳さん(41)は、気象予報士、防災士、そして保育士の資格を持っています。特に気象予報士に関しては、大阪教育大学附属高校天王寺校舎在学中、当時史上最年少で気象予報士試験に合格し、当時は話題に!

現在ではその資格や経験を活かして、各種講演、研修講師などを行い、気象予報士としてもTV出演するなどの活躍されてます。

また、私生活では、2016年に一般女性と結婚されています。子供に関しての情報は特に無いのですが、「現在はさまざまなジャンルの専門的知識を生かし、各種講演、研修講師、TV収録、ライブ、研究活動を行いながら、プライベートでは父親として、子育てを楽しむ毎日である」という記事があるので、お子さんはいるようです。

おっくん「政治への道」転向の理由とは?

5人組アカペラグループ・RAG FAIRの奥村政佳さん(41)が22日、グループ公式サイトを通じて、脱退し「政治の道」へ進む意向を発表しました。

その際、政治への転向の理由を語っています。

以下、奥村さんのコメントです。

「突然ですがこのたび、僕はRAG FAIRから離れ、政治の道へと進む決心をしました」「2011年、グループの一時活動休止のあと、音楽活動と並行して多くのことに取り組んできました。各地での災害支援、気象・防災教育の研究や実践、講演活動、そして主任保育士としても現場に立った合計8年間の保育の経験など、実際に足を運び、人と話し、肌で感じ、そして勉強する中で、いま僕たちが抱えるこの国の様々な問題を目の当たりにしてきました」

「その中で考えたことは、自分で動かねば変わらないこともたくさんあるということ。自分の子どもも生まれ、育ててゆく中で、ぼくらの未来をつくって行かねばならないということ。そして新しい時代を迎えようとするこの春、メンバー一人ひとりと話し合いを重ね、今回の決断に至りました」

「結成から今まで、20年間活動してきたRAG FAIRは、かけがえのない存在であり、僕の誇りです。そして良い時も悪い時も、常に僕のそばにいた、心のふるさとです。RAG FAIRのファンとして、いつもあたたかく支えてくれたみんなにも、本当に感謝しています」
「しかし今回、そのふるさとから旅立つ決心をしました。志を果たし、胸を張って帰れるようになるまで、そのふるさとの土をもう一度踏むことはありません。腹をくくり、いまは選んだ道で一生懸命やって行きたいと思っています」

おっくんの決意が相当なものなのが伝わってきます!!!

そして、なんという行動力でしょう!

ボイパが抜けたRAGFAIR!後任はもう決まっている?

RARAGFAIR の公式サイトでは、おっくんのこうにん後任の記事はでていないので、

おそらく残るメンバー4人で活動していくものだとおもい思います。

いやー!それにしても、あの超絶テクニックのおっくんのボイパが聞けなくなるのは寂しいですね!残念!!!

まとめ

アカペラグループ「RAGFAIR」を脱退し、政治の道へ進むことを決意したおっくんこと奥村政佳さん。まさか政治家を目指すなんて!ハモネプで活躍しているころには想像もつきませんでした。

ですが、ご自身のコメントには周囲も納得させる決意が感じられます。

きっとRAGFAIRのメンバーの皆さんも、おっくんの決意や情熱に押され、寂しい気持ちを振り切り、清々しくおっくんの背中を押したのではないでしょうか。

いつか、おっくんが素晴らしい政治家になって、志を果たせることを心より祈っています。