政府・与党は、大型経済対策の一つとして18歳以下の子供に現金10万円を一律支給する方針を固めました

この案は、公明党が「未来応援給付」として、衆議院選挙の公約に掲げたものですが、露骨なバラマキとして批判を受けていたものでもあります。

現に、この公約を受けて、公明党のサイトが炎上したという話も聞きます。

一律10万円の支給!なぜ18歳以下のみが対象となっているのでしょうか?また大学生は対象外なのか?その口コミなど・・・

今回の一律10円支給に対して気になる疑問を調査していきたいと思います。

ネット上で見られる批判などから、語っていこうと思います。

スポンサードリンク



一律10万支給はなぜ18歳以下?子供だけ?口コミ反応は?

引用:https://www.ac-illust.com/

なぜ、18歳以下の子供に現金を配ろうと考えたのでしょう?

発案の公明党は、これから卒業や入学の時期になり、子育て世帯は何かと物入りになるから、といったことを理由としています。

要は・・・「子育て世代の負担を軽減するため」といった名目が、政府が支給に動くため施策と言えます。

また、新政府となって国民に印象付けるための施策とも見えますね。

意地悪な見方をすれば、これから物入りになる子育て世帯なら、バラマキに反応しやすいだろうから。より票に繋がりやすい筈だ。といった所でしょうか。

子供のためと言っておけば、きれいごとで誤魔化せそうですしね。

ネット上の掲示板等を見ていると、このバラマキ政策に対する批判がずらりと並んでいます。

・コロナで大変なのは、むしろ中高年なのでは?

・頑張って働いて、納めた税金が、よそ様の子供に配られるなんて納得できない。

・子供に10万円配っても、親が自分の都合で使うだけでしょ。

・どうせ親の懐に入って、自分には1銭も入らないのだから、関係ない。

・子育て世帯の中にも高所得者は多くいる。それなのに、低所得者から搾り取った税金を無差別に配るのはおかしい。

といった具合で、対象が18歳以下の子供に限定されていることに不公平感があると言った声が多くありますね。

これについては・・・今後の政府の動向が注目されていきそうです。

また、一律10円支給と共に3万円のポイント付与が検討されているマイナンバーカード!

まだ作ってない!といった方も多いのではないでしょうか?マイナンバーカードを今から作って3万円付与まで間に合うのか気になりますね。

また、スマホでも簡単に申請できるそうなので、忙しくて時間が取れそうもない方はそちらも活用してみてはいかがでしょうか!

>>マイナンバーカード!スマホできる申請方法!

一律10万支給大学生はなし?

引用:https://www.ac-illust.com/

今回の支給は、高校生以下の子供とありますね。

では、大学生は対象にならないのでしょうか?

卒業や入学で物入りになるというなら、大学生も同じではないでしょうか?

そう思って、大学生からの不満を探してみたのですが、意外とそんな声は見つかりませんでした。

不思議に思ったのですが、調べてみると、大学生向けの給付というのは結構あるのですね。

文部科学省では、「新型コロナの影響を受けた学生等の経済支援」として、給付型奨学金や授業料等減免の制度を紹介しています。

各自治体でも、大学生向けの給付金を制定している所があります。

大学生向けの給付は、意外と充実しているようです。

 

また、大学生を含めると、事務手続きが煩雑になる恐れがあります。

高校生まで、18歳以下とするなら、留年や特殊なケースを考慮しなければ、単純に年齢で区切れます。

働いていても、18歳以下なら受け取れるようなので、そこはざっくりと年齢区切りです。

でも、大学生となると、意外と年齢の幅があります。

働いている人も少なくないので、不公平感が強くなります。

18歳で区切るのは、バラまく側の都合もあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク



まとめ

大型経済対策の一つとして、18歳以下の子供を対象に、現金10万円の給付を行うようです。

公明党の得票対策としての公約を実施する形になるので、多くの批判が集まっています。

対象が一律18歳ということもあり、不公平感に批難が集まってもいます。

18歳以下に一律で現金10万円の給付の他に、マイナポイント3万円の付与もあるので、こちらも取りはぐれることの内容に気を付けましょう。