コインチェックは手数料が高いと言われることもあります。

あれ?よく手数料無料って広告を見かけるんだけど…と思った方もおられるのではないかと思います。

コインチェックの手数料で、無料なのは取引手数料です。

入金手数料、出金手数料、送金手数料はかかります。

なんだか、色々な手数料があって、複雑ですよね。

では、仮想通貨取引所の手数料を比較して、実際にコインチェックの手数料が高いのか確認してみましょう。

╲青汁王子も絶賛♪入出金手数料が無料╱

▼バイビット公式はこちら▼

コインチェックの手数料が高すぎると感じる理由

取引手数料無料を看板の一つにしているコインチェックですが、手数料無料を掲げている取引所は多く、比べてみると、コインチェックの手数料はむしろ高いように見えます。

ただし、取引所におけるユーザー間の取引手数料が無料なのは、まだ少ないようで、取引所でのトレードを頻繁に行う場合には、取引手数料無料の恩恵は大きいといえます。
取引は何回も繰り返し行うため、手数料の負担は大きくなってしまうので、他の手数料よりも無料の恩恵を高く得られますね。

コインチェックの手数料が高すぎると感じる理由として、スプレッドの広さが挙げられます。

コインチェックの販売所形式での取引は、取扱仮想通貨が多い反面、スプレッドの広さがネックになります。

そのため、販売所形式で仮想通貨のトレードを行うと、広いスプレッドが実質的な手数料として負担になってしまいます。

これらの理由から、コインチェックの手数料が高すぎる…と感じるユーザーが多くなってしまうようです。

╲青汁王子も絶賛♪入出金手数料が無料╱

▼バイビット公式はこちら▼

<仮想通貨!注目トピック!>

実業家で仮想通貨でも稼がれている青汁王子こと三崎さん。その青汁王子も絶賛する仮想通貨の取引所をご存知でしょうか?

そんな今、注目されている仮想通貨取引所の「バイビット」

そのバイビットとは?メリットとは何のか?なぜおすすめするのかなど、バイビットに関する情報をまとめてみました♪

これから、仮想通貨で事業したい方などは、参考までにチェックしてみてください♪

>>青汁王子も絶賛のバイビットがやばい!評判は?違法なことはある?

コインチェックのメリット

コインチェックは、手数料が高いと感じる一面もありますが、使い方次第では手数料を低く抑えることも出来ます。

手数料を安く抑える方法も含め、コインチェックを使うメリットも、ご紹介していきます。

取引所でトレードをすれば、手数料無料

コインチェックのビットコイン取引所は、取引手数料が無料になります。販売所のようにスプレッドがかからないので、手数料なしで何度でも取引できるため、トレードで差益を取りたい人に向いています。

初心者でも分かりやすい

ビットコインはユーザーインターフェースに定評があり、とても使いやすいと評判です。
初めて仮想通貨の取引をする人は、まずコインチェックを使うことを勧める人が多い由縁です。

取扱い仮想通貨の数が多い

コインチェックの仮想通貨取扱い数は、国内取引所の中ではトップクラスとなっています。
選択肢が多いのは、コインチェックのメリットですね。

仮想通貨の長期保有に向いている

将来、値上がりすることを期待して仮想通貨を購入した場合、売買を繰り返してリスクをとるよりは、そのまま保有しておきたいですよね。
でも、保有しているだけでは、仮想通貨は増えません。
そんな時に便利なのが、貸暗号資産サービスです。
コインチェックに仮想通貨を貸し出して、利用料を得られるサービスです。
最大年利5%の高金利が得られるので、仮想通貨を死蔵・塩漬けするくらいなら、貸暗号資産サービスを利用して長期保有するのも手です。

スポンサードリンク



コインチェックの手数料は高すぎるのか?仮想通貨の手数料を比較検証!

引用:https://www.ac-illust.com/

仮想通貨取引所の手数料を比較する前に、手数料の種類を確認します。

取引手数料

取引方法には、2通りの方法があります。
・販売所手数料:販売所で売買する際に、販売所に支払う手数料です。無料となっていても、スプレッドが実質的な手数料となります。

・取引所手数料:ユーザー同士が直接取引をする際の手数料です。

入金手数料

仮想通貨取引所の口座に入金する際にかかる手数料です。

出金手数料

仮想通貨取引所の口座から、日本円を、銀行口座に出勤する時の手数料です。

送金手数料

他の取引所の口座やウォレットに送金する際にかかる手数料です。

 

各取引所の手数料比較

各取引所の手数料をご紹介します。

コインチェック

取引手数料:無料

入金手数料:0円~1,018円

コインチェックの口座に入金する際にかかる手数料です。
銀行振込、コンビニ振込、クイック入金の3通りがあり、それぞれで手数料が異なります。

出金手数料:一律407円

コインチェックの口座から、日本円を、銀行口座に出勤する時の手数料です。
出金の上限額は、1回あたり5,000万円で、出金手数料は一律407円です。

送金手数料:0.0005BTC(ビットコインの場合)

送金する仮想通貨により、手数料が異なります。

ビットフライヤー

取引手数料:販売所無料・取引所0.01~0.15%

直近30日の取引量によって、変動します。

入金手数料:0円~330円

住信SBIネット銀行からの入金は無料。
住信SBIネット銀行以外からの入金は330円(税込)/件

出金手数料:220円~770円

三井住友銀行への出金:3万円未満の場合220円(税込)、3万円以上の場合440円(税込)
三井住友銀行以外への出金:3万円未満の場合550円(税込)、3万円以上の場合770円(税込)

送金手数料:0.0004BTC(ビットコインの場合)

送金sる仮想通貨により、手数料が異なります。

DMMビットコイン

取引手数料:販売所無料・取引所300円(BitMatch取引手数料)

入金手数料:無料

出金手数料:無料

送金手数料:無料

GMOコイン

取引手数料:販売所無料・取引所Maker-0.01%、Taker0.05%

取引所(現物)の板に出ている指値注文について売買が成立した際に、その指値注文を出していた取引参加者を「Maker」と呼び、その相手方となる注文を発注した側を「Taker」と呼びます。

入金手数料:無料

出金手数料:無料

送金手数料:無料

ビットポイント

取引手数料:無料

入金手数料:無料

出金手数料:無料

送金手数料:無料

 

こうしてみると、コインチェックとビットフライヤーの手数料が高く感じますね。

コインチェックの取引手数料無料というのも、開始当初は画期的でしたが、その後、手数料無料の取引所が数多く出てきた様子です。

╲青汁王子も絶賛♪入出金手数料が無料╱

▼バイビット公式はこちら▼

今すぐバイビットへ登録♪[/greenshiny]

コインチェックの口座開設がおすすめ人!

コインチェックおすすめな人

コインチェックは、販売所形式で取引をすると、広いスプレッドで手数料が高くなります。

そのため、販売諸形式で、頻繁に売買を繰り返す運用には向いていません。

コインチェックは積立投資をする人に向いています。

仮想通貨の価値が上がるのを見越して、長期的に仮想通貨を保有する運用に向いています。

コインチェックには、貸暗号資産サービスがあり、仮想通貨を長期保有しながら、貸し出すことで、高い金利を得られます。

コインチェックは、貸暗号資産サービスを利用しながら、長期保有して資産形成をすることが出来るので、仮想通貨を長期保有して、積立投資をするのに向いていると言えます。

まとめ

コインチェックの手数料が高すぎるという話題があります。

確かに、最近は手数料無料の取引所が増えてきて、見比べてみるとコインチェックの手数料はそんなに安くはないように見えます。

また、コインチェックはスプレッドが広く、実質的に手数料が高くついてしまうことも多いようです。

ただし、取引所でユーザー間でのトレードに対して手数料を無料にしているのは、コインチェックの他にはあまりないようです。

トレードは何回も繰り返し行うので、取引手数料無料の恩恵は、他の手数料を無料にするよりも大きいといえます。

また、コインチェックは他にもメリットがあるので、併せてご紹介しました。

╲青汁王子も絶賛♪入出金手数料が無料╱

▼バイビット公式はこちら▼

今すぐバイビットへ登録♪[/greenshiny]