簡単に好きな髪色に変えられ、洗えば元に戻せるカラーワックス。

その手軽さから使った事ある!という方も多いのではないでしょうか?

そんなカラーワックスの悩みでよくあるのが、

  • 服についた時の落とし方
  • そもそも服につかないようにしたい

この2点になります。

せっかく髪色は好きな色に出来て気分が上がっているのに、服についた事で台無しなんて事もよくあります。

今回はそんなお悩みにお答えして、カラーワックスが服についた時の落とし方、服につかなくする方法をご紹介していきます!

▼仕上がり抜群!ヘアーカラーワックス選ぶなら!後悔しないエマジニー♪▼

今すぐエマジニーでカラーリング♪

髪に塗るだけですぐに思いの髪色に着替える事ができる

★カラー別おすすめワックス♪

 カラーワックスが服についたら?落とし方は?

引用 Yahooショッピング

カラーワックスを販売している会社のサイトを見てみると、重大な色移りになる場合は少ないと記載されています。

色が移ってもすぐに洗濯をしたり、濡れたティッシュやタオルで拭きとれば綺麗になります。

普通のワックスを使った時でも、洋服にワックスが付着する事があると思います。

ですが大量にベタベタにつくというのは少ないです。

それはカラーワックスでも同じで、大量につくわけではありません。

ですが1つ注意点があります。

それは、雨や水に濡れた時です。

シャワーで洗い流す事からも分かるように、ワックスは水に弱いです。

小雨程度なら問題ありませんが、強い雨の場合ワックスが落ちてくる可能性が高いです。

そうなると服には確実に色がついてしまいます。

色が移った時の対処法

もし目立つ大きな色移りになってしまったら、50度前後のお湯で手洗いをして落とすのが効果的です。

手順としては

  1. 50度前後のお湯に洗剤を適量の2~3倍の量を入れる
  2. 1時間くらいつけおく
  3. 色が落ちているかを確認してすすぐ

これだけで簡単に落とす事ができます。

この手順で落ちない場合は、漂白剤や重曹を混ぜると頑固な色移りが落ちやすくなります。

色移りは時間が経つほど落ちにくくなるので、気づいた時にすぐ洗うのがポイントです!

カラーワックス!服に着かない方法

引用 Amazon

カラーワックスが服に着かない為に、まずは汗や雨に強いタイプを選ぶのがおすすめです。

先ほどもご紹介したようにカラーワックスは水に弱いです。

水だから雨にだけ気を付ければいいやと思いがちですが、汗もかなり厄介です。

色移りの失敗談として意外と多いのが、この汗問題です。

特に夏は首回りに汗を掻きやすく襟足の色が洋服に移りやすくなります。

そんな声に答えて多くのメーカーから耐水性の高いカラーワックスが発売されています。

商品のサイトに行ってみると、機能面の表示にそのワックスの特徴が書かれています。

そこで水に強いのかを簡単に確認する事ができます。

 

もう1つ抑えておきたいポイントは、ワックスのあとにヘアスプレーをしっかり使う事です。

ヘアスプレーを使うと分かりますが、髪の毛がコーティングされた様な状態になります。

コーティーングされた状態では直接髪が服に触れるというより、コーティングが触れている状態になります。

なのでカラーワックスを使っていても色が服に着きにくくなります。

もちろん髪質やしたい髪型によってスプレーを使わない場合もありますが、色移りが気になる方にはおすすめの方法になります。

 

最後におすすめしたい方法は、色移りが気にならない服を選ぶ事です。

当たり前の事になりますが、1番シンプルで簡単な方法です。

色移りの心配ばかりしていると純粋にカラーワックスを楽しめないですよね。

であれば色移りが気にならない服を選べばすべてが解決します。

最大限にカラーワックスを楽しみたい方にはぜひおすすめです。

▼仕上がり抜群!ヘアーカラーワックス選ぶなら!後悔しないエマジニー♪▼

今すぐエマジニーでカラーリング♪

髪に塗るだけですぐに思いの髪色に着替える事ができる

まとめ

今回は、カラーワックスの色移りについてご紹介しました。

カラーワックスで服に色が着いた時の落とし方、そもそも色が移りにくくなる方法、をお分かりいただけたと思います。

まずはしっかり色が移らないように対策する。

もし移ったら早めに洗う。

この2つを実践すれば、取れなくてどうしようもない色移りになる可能性はほとんどありません。

せっかくのカラーワックスを楽しむためにも、この2点を意識してみてください!