引用:https://twitter.com/getters_iida/

ゲッターズ飯田さんは、お笑いタレントですが、占い師としての実績が強く、活躍されています。

占い関連の書籍も多数あり、占いの弟子にも有名な人が何人かいます。

そんな、ゲッターズ飯田さんが、来年2022年について占っていたので、まとめてみました。

また12月年末~年始にかけてもなにか意味深いようなことをおっしゃていましたので、まとめてみました!

それでは、ゲッターズ飯田さんの2022年の占い(予言)は?12月年末~年始にかけて何がおこる?について迫っていきましょう♪

スポンサードリンク



ゲッターズ飯田2022予言内容まとめ!

引用:https://www.ac-illust.com/

2022年は準備の年

2023年に時代ががらりと変わると予想されています。
2022年は、2023年の変化に備えておきましょう。
今のうちに、新しい仕組みについて学んでおく必要があります。
何か気になることがあれば、2022年からでもやっておいた方がいいですよ。
何が起こるだろうって、想像するだけでもいいので、時代の変化に取り残されないように気を付けましょう。

変化に対応するために

2023年に備えて、具体的にどうすればいいのかを、ゲッターズ飯田さんは語っています。

若い世代の話を聞く

2023年のパラダイムシフトは、若い世代によってなされると言います。
10代後半から、20代、30代の人に、何か面白いことはないか聞いてみるといいでしょう。
「何が流行っているの?」といった聞き方はNGです。
前からその傾向はありますが、今は価値観が多様化していて、流行り廃りで物事をとらえにくい時代になっています。若い世代が「流行」について聞かれても、答えにくいだけですね。

本屋さんへ行く

世の中の雰囲気をつかむのに、一番いい方法は本屋さんへ行くことだと言っています。
本屋さんで、本の背表紙や、平積みされた本のタイトルを見ているだけで、世の中で何が求められているのかが分かります。そこに、人の悩みが書いてあるのです。
本屋をぐるっと回り、何が置いてあるのかを見れば、何が流行っているのか、次の時代に足りないものが分かるわけです。
若い人と一緒に本屋を回れば、何をやりたいのか、どうすべきかが見えてっ来ると思います。
よく、ネットの方が情報量が多いし、最新の情報が手に入る…なんていう人もいますが、ネットで手に入る情報は、どうしても自分の好みに合わせたものになります。

若い世代の特徴

若い世代の特徴として、ゲッターズ飯田さんは、このように語っています。
今は、食べ物もあるし物もあるし、後は自分をどう認めてほしいかが次の世代の悩みになっています。
承認欲求を満たすことが一つのカギになっていますね。

コロナ前には戻らない

コロナ禍で世の中が大きく変わりましたよね。
コロナ前はよかった。早くコロナ前に戻らないかな…なんて思っている人は要注意。
変わったものは、もう戻りません。
変化に合わせて楽しんでいくくらいで行きましょう。

2022年の色

ピンクとラベンダー、ネイビーがいいそうです。
庶民の時代が来るので、派手なものよりも、庶民感覚的なものが受け入れやすいでしょうとのことです。

2022年こんな世界になる

あまり差を付けない風潮になるでしょう。
統率者が先頭に立って指図する世の中ではなく、みんなが目立たず、同じような価値観で楽しくやってこうというような、横並びのイメージになりそうです。
物質的な豊かさよりも、心の豊かさを求めることになるでしょう。

 

スポンサードリンク



ゲッターズ飯田占い!2022年は何がおこる?予想考察!

引用:https://www.ac-illust.com/

ゲッターズ飯田さんは、年末年始についても占っています。

人脈が大事

占い上では、人脈が大事と出ています。
ネットとかテレビをうのみにするよりも、周りに人とちゃんとコミュニケーションをとって、知り合いから聞いた話で、ちゃんとした情報を得て動かないといけないですね。
助け合いとか、繋がりとか、愛とか、そういうものが大事になってきます。

時代の変わり目が始まる

12月21日から1月7日までに、大きな変化が始まると語っています。
上記のように、変化の本番は2023年ごろのようですが、その変化の始まりが年末辺りにあるようです。2022年は、その種をまく準備期間なので、変化を乗り切れるかどうかは、2022年にかかっているといえます。
200年に一回くらいの、明治維新並みの、時代の変わり目が迫っています。
古いものが切り替わり、新しい進歩が始まる。そのきっかけが、この年末にあるそうです。

仕組みが変わるのか、コロナについての重大な発表があるのか、とにかく年末中に大きな発表があるそうです。

今やるべきこと

コロナが当たり前になった世界になり、色々と不安になってしまいますが、良い情報もあるので、きちんとプラスの情報にも目を向けましょう。
また、不安になるなら、笑っちゃいましょう。笑えば、不安なんて吹き飛びますよ。
あと、やることは沢山あります。勉強したり、本を読んだりして、次の時代に備えなくてはなりません。

…といったことを放していました。

ゲッターズ飯田占い!2022年の予言!地震やコロナはどうなる?

ゲッターズ飯田さんは、2021年2月に放送されたテレビ番組「ぴったんこかんかん」に登場し、新型コロナウィルスについて、「2022年3月に一つの区切りが来る」と語っています。

このことから2022年3月にコロナの終息が期待されています。

ただし、2022年3月は最短での話で、長引いてしまえば2023年に入る可能性もあるといいます。

また、判断を誤れば16年続くケースもあるとか。

ワクチンの普及で、2022年3月に終息するという予言が現実味を帯びていました。

が、しかし、オミクロン株の登場で、「2023年に延びる」方向へ行っているように見えますね。

 

また、2021年末から2022年初頭に大きな変化があるという「予言」もあります。

トンガ沖地震をきっかけに、何か大きな変化があるのかもしれませんね。

スポンサードリンク



まとめ

2023年に大きな変化があるので、2022年はその準備をする期間です。

変化自体は、2022年のうちに進んでいるので、世の中の流れを読み取って、今から対応できるように勉強していきましょう。