韓国がGSOMIA破棄を条件付きで延長へ!海外の反応は?

koreaNEWS

11月22日にGSOMIA(国際軍事情報保護協定)の失効の期日が迫った中、
韓国政府は条件付きでGSOMIA破棄を一旦取り止め、条件付きで延長するという決定を下しました。

一時は、アメリカの仲裁を振り切る形で強硬的にGSOMIA破棄に踏み切った韓国政府ですが、

期日が迫った中での「条件付き延長」という決断には、アメリカの圧力・韓国の思惑などが交差しているように思われます。

この韓国の「GSOMIA延長」に対して、海外ではどのような反応なのでしょうか?!

気になりましたので、ここでは韓国の「GSOMIA条件付き延長」に対しての海外の反応を見ていきたいと思います!

 

 

 

スポンサードリンク



 

韓国がGSOMIA(国際軍事情報保護協定)を延長へ!その理由とは?

 


韓国政府は、GSOMIA(軍事情報保護協定)の失効期間が迫る中、GSOMIAを条件付きで延長するという決定を下しました。

韓国は8月に日本の「韓国のホワイト国除外」などの輸出管理強化などに対して、「GSOMIA(軍事情報保護協定)」を破棄するという決定を下しましたが、ここにきてその決定を覆す結果となりました。

また、韓国はGSOMIA延長に続いて、日本の輸出管理強化に対してWTOに提訴する姿勢を示していましたが、こちらもWTO提訴を取り下げると発表しています。

韓国の思惑な何なのでしょうか?

韓国としては、GSOMIA破棄の交渉カードを使い輸出管理強化を撤廃させる狙いがあります。

実際、韓国はGSOMIA延長を条件付きとしています。

この条件内容は明らかになっていませんが、日本の輸出管理強化への見直し、または撤廃が条件の可能性が高いと思われます

日本の経産相はこれらの動きに対して、「輸出管理強化」と「GSOMIA破棄」とは別問題いう見解を示し、国際合意に基づいて引きつづき輸出管理を強化していくことを示しています。

 

梶山弘志経産相は22日午前の閣議後の記者会見で「日本を含む各国は国際合意に基づき、軍事転用の可能性のある貨物の貿易や技術移転を適切に管理することが求められており、こうした責任を果たしていきたい」と述べ、引き続き韓国向け輸出を厳正にチェックしていく考えを示した。

引用:headlines.yahoo

 

韓国はGSOMIA延長!アメリカの圧力が影響か?

 

 

GSOMIA破棄を撤回し条件付き延長へとなったの背景には、アメリカの圧力があったのは確実です。

そもそも、GSOMIA(軍事情報保護協定)は、アメリカが提案して結ばせた協定でもあります。

 

GOSMIAとは、日本と韓国の二カ国間で北朝鮮のミサイルに対して情報を共有してより安全に備えましょうという協定になります。

ですが、実際には日米韓の連携強化と中国・北朝鮮などの東アジアへの牽制が、アメリカの狙いです。

 

そのため、GSOMIAが破棄されると世界に日米韓の連携の破綻がアピールされる形となり、中国・北朝鮮への牽制が緩くなってしまいます。

またトランプ政権はアメリカの威厳も損なわれると考えていると思われます。

なので、アメリカはなんとしてでも、GSOMIA破棄を回避したいため、韓国に対して圧力をかけた見られます。

 

実際、トランプ大統領は韓国に在韓米軍の費用を今までの5倍の55億ドルを要求しています!

また、在韓米軍の一部撤退も匂わす報道もされています。

自国に軍隊がある韓国ではありますが、在韓米軍が他国の牽制をしていることは間違いないでしょうから・・・

これには、さすがに韓国も焦って、延長というカードに切り替えたという見方もできます。

 

何にせよ、GOSMIA延長ということになったことで、ひとまずは日韓関係も落ち着くのではないでしょうか?

 

 

スポンサードリンク



 

韓国のGSOMIA条件付き延長での海外の反応は?

今回のGSOMIA(国際軍事情報保護)の延長に対しての海外の反応はどのようになっているのでしょうか?

詳しく見ていきたい思います!

GSOMIA延長に対する海外の反応コメント

海外の反応コメント

人々はこれをあまりにも急いで否定的に見ています。 このように見てください:条件付きで終了を一時停止することで、文大統領はまだ期限を過ぎてGSOMIA終了へのカードを持っていると同時に、ムーンの要求に屈することなく日本にエスカレートするオフランプを提供します。 現在、ボールはこの善意のジェスチャーに適切に対応するために安倍の裁判所にいます。 これは賢い外交であり、実際、誰もが予想したようにGSOMIAを終結させ、日米両国との関係を悪化させる別の段階に突入するよりもはるかに良いようです。

海外の反応コメント

それは間違いなく良い動きです。 韓国には貿易ツールに対応するための貿易ツールがありますが、軍事情報を混ぜることは意味がありません。 1つの例は、日本の自動車サプライヤーの取締りです。
日本と韓国はどちらも非常に限られたインテリジェンスツールを備えており、穴を埋めるために互いに必要です。

 

海外の反応コメント

韓国がGSOMIAをすぐに失効させた場合、この混乱から抜け出すことはできません。
条件付きで拡大することにより、日本の右翼が急降下することを確認しますが、それは安倍の顔を救い、前向きな方向に向かって動く理由を提供します。
日本が韓国人を失効させなくても、まだ手遅れではありません。

 

海外の反応コメント

 韓国はGSOMIA延長だけではなく、日本に対するWTOの貿易訴訟を終わらせることを決定しました。
これは完全な外交崩壊です。 日本のマスコミは、彼らが獲得した見出しで叫び、韓国は日本の経済力の前であまりにも恐れていた。
これは、韓国が少しのプレッシャーを与えられたとしても自己防衛できない弱い国家であると考えると同時に、日本と中国の慢さを強めるだけです。
韓国には真のリーダーが必要です。

 

海外の反応コメント

日本と韓国は、中国に対して協力する必要があります

 

海外の反応コメント

実際、日本は中国と協力して韓国を取り締まっています。

 

海外の反応コメント

文大統領は正しいことをした。 GSOMIAを終わらせることは、小さな成長を続ける反米感情をさらに強固なものにしていたでしょう。 彼がその苦しみを放ったなら、韓国は世界の舞台で行き止まりを見つけたでしょう。

 

海外の反応コメント

まず第一に、私は日本のマスコミが考えていることについて気にする必要はないと思います-結局、彼らは韓国の構成員ではなく日本人にメッセージを投げかけているのです。
第二に、文政権は、GSOMIA-機密の軍事秘密の共有-が国家安全保障上の懸念のために輸出制限を課したと言った国で続行できないことを明らかにしました。これらの「条件」が何であるかを見るのに天才は必要ありません。
ボールは事実上彼らのコートにあり、おそらく文大統領は安倍首相があまり顔を失うことなく、この貿易戦争の破綻から抜け出す方法を日本に与えようとしている。結局、米国は両国間の調停を試みたことがあり、しばらくの間、トランプは、韓国にGSOMIAを継続させるよう圧力をかけるための交渉の切り札として、米軍の撤退を利用したように見えた-しかし、米国のHoRによって閉鎖されました。
これは単なる推測に過ぎませんが、おそらく安倍首相の思考プロセスは、締め切りの直前に貿易制限を撤回すると、世論調査で破壊されてしまうので、しばらくの間交渉して何かを考え出すでしょう。
そして、これまでずっと、韓国は積極的に両国間の関係を改善しようとしており、この種のオリーブの枝を拡張することは(GSOMIAを完全に破壊するのではなく)国際的な舞台で見栄えがするでしょう。
…しかし、それでも、GSOMIAは現状のままで、日本軍に特定の時期に朝鮮半島での活動を許可するかもしれません。私は、政府がGSOMIAを再交渉してその部分を取り上げることを望んでいました。

 

海外の反応コメント

韓国がGSOMIAを終了すると、韓国へのすべての高度な特典はキャンセルされます。そのため、ヒュンダイ、サムスン、LG、その他は米国から利益を減らすことができます

 

海外の反応コメント

韓国から在韓米軍撤退はトランプにとって大きな敗北です。 GSOMIAまたはコストのすべての理由は、地域で米国から撤退するように設計されています。これは北京とワシントンの間の根本的な戦いです。

 

 

韓国のGSOMIA延長に対する日本のネットの反応は?

今回の韓国の「GSOMIA延長」に対する、日本でのネットでの反応を見ていきたいと思います!

 

 

日本のTwitterでも、今回の「GSOMIA延長」に対して、様々な意見が飛び交っているようです!

 

スポンサードリンク



 

韓国のGSOMIA延長!海外の反応!まとめ!

 

ここまで「GOSMIA条件付き延長」に対しての海外の反応などをお伝えしてきました。

日本も韓国もGSOMIA延長により、最悪の結果は免れたという世論の見方が大多数でした。

ですが、今後は韓国は日本が輸出管理強化を継続していく限り、「GSOMIA破棄」というカードを使ってくると思われます。

韓国は韓国でアメリカとの友好関係へのリスクがあります。

南北統一を望む文政権は、中国よりに舵をきったのでしょうか?

この先の、動向が気になるところです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました