iPadairの第4世代は、ほとんどiPadproといってもいい性能ですよね。

これはバリバリに仕事に使わなくちゃ…と思ったところで、必要になってくるのがキーボード。

オンスクリーンキーボードでは、快適なタイピングは望めません。

そこで今回は、iPadair第4世代で使いたいおすすめキーボードを5つ紹介します。

それでは、ipadair第4世代で使いたいキーボード!使いやすいおすすめ5選!に迫っていきましょう♪

ipadair第4世代で使いたいキーボードの選び方や注意点!

引用:https://www.photo-ac.com/

iPadair第4世代に合ったキーボードを選ぶにあたって、チェックする点がいくつかあります。

特に気を付けるべき点は、以下の3点です。

ipad第4世代キーボードの選び方!「接続方式」

iPadairとキーボードの接続方法は4つあります。

・SmartCnnector(Apple規格)

Apple独自の規格で、iPadairの背面にある3つの丸が並んだ端子です。

マグネットで、接続部が簡単に合わせられるようになっています。

ペアリング不要で、接続するとすぐにキーボードが使えるようになっています。

接続部から給電される仕様なので、充電を気にすることもありません。

4つある接続方法で、最も便利で優れた接続方法です。

ただ、対応している機器がApple純正を含め、わずかしかなく、高価です。

 

・BlueTooth接続

純正品以外では、主にBlueTooth接続になるでしょう。

ペアリングや充電のてまがあり、遅延もあります。

 

・USBレシーバーでの無線接続

無線接続ですが、遅延はありません。

USB-Cのハブが必要となり、携帯性は低くなります。

 

・有線接続

USB-Cのハブが必要になります。

有線なのでコードが邪魔。デスクの据え置きで使うものです。

切替器を使って、デスクトップパソコンのキーボードを流用すると便利です。

 

iPad第4世代キーボード選び方!「用途によって・・・」

キーボードを自宅のみで使うのか、携帯して出先で使うのかで、選択するキーボードが変わってきます。

携帯性とタイピングの快適さは、トレードオフの関係になりがちです。

自宅で使うなら、大きめの使いやすいキーボードでいいし、有線接続でも問題ないでしょう。

でも、持ち歩くなら、カバンの大きさや使用頻度を考えて、よくよく考えて選ばなければなりません。

iPad第4世代キーボード選び方!「キーボード自体の性能・機能」

製品固有の機能や性能ですね。

携帯性がよく、サイズも手頃なものがあったとしても、キーボード自体が使いにくかったら意味がありません。

自分の納得できる製品を選びましょう。

ipadair第4世代で使いたいキーボード!使いやすいおすすめ5選!

では、実際におすすめのキーボード5選を紹介します。

Apple MagicKeyboard

引用:https://www.apple.com/jp/

Apple純正のキーボードです。

SmartConnector接続に対応しているので、装着するだけで使えます。

純正品だけあって、iPadairにぴったりと合うのが嬉しいです。

トラックパッドが付いている分、SmartKeyborardよりも操作性はいいといえます。

角度が無段階に調節でき、キーボードスタイルでがっつり作業するのに向いています。

ただし、タブレットスタイルがないので、片手もちで取り回したいときは、MagicKeybordを外さなければなりません。

AppleStoreで、34,980円(税込)と、大変に高価なものとなっています。

 

Apple SmartKeyboardFolio

引用:https://www.apple.com/jp/

Apple純正のキーボードです。

SmartConnectorに対応しているので、装着するだけで使えます。

MagicKeybordと比べると、トラックパッドや無段階角度調整がない分、操作性は譲りますが、軽くて取り回しの良さで優れます。

キーボードをiPadairの背面にくっつけるだけで、瞬時にタブレットスタイルとして使えます。

AppleStoreで、21,800円(税込)と、MagicKeybordほどではないにしろ、高価です。

 

Logicool ComboTouch

引用:https://www.logicool.co.jp/

ロジクールのComboTouchは、サードパーティー製ながら、MagicKeybord以上に快適なキーボードとも言われています。

SmartConnector対応で、装着するだけで使えます。

トラックパッドは、もちろん、マルチタップ対応。MagicKeybordと遜色なく使えます。

スタンドの角度も自由自在に調整できます。MagicKeybordよりも調整幅は広く、あらゆる場面でiPadairのポジションを確保できます。

タイピングモード、スケッチモード、鑑賞モード、読書モードの4つの使用モードに切り替え出来るので、幅広い使い方に対応できます。

キーボードを背面に着けられるので、片手持ちに素早く切り替えられます。

値段は、22,770円から。MagicKeybordよりも12,000円ほど安いです。

 

ELECOM TK-CAP03

引用:https://www.elecom.co.jp/

エレコムのTK-CAP03は、タイピングのしやすさと携帯性を兼ね備えたキーボードケースとして評価されています。

接続はBlueTooth。

コンパクトながらも、キーピッチを17.2㎜とり、快適なタイピングを実現しています。

タブレットを特殊粘着シートで確保するため、iPadairに限らず、8.5~11.1インチのタブレットで使いまわせるのも特徴です。

マルチペアリングに対応し、最大3台までのデバイスを登録し、ボタンで切り替えることが出来ます。

値段は、19,558円。

 

Anker ウルトラスリムBlueToothワイヤレスキーボード

引用:https://www.ankerjapan.com/

凄いのは分かったけれど、どれも高いのばかりじゃないの。そんな声が聞こえてきそうですね。

では、こちらのAnkerウルトラスリムBlueToothワイヤレスキーボードはいかがでしょう。

接続方式は、BlueTooth。

重量約200gと、軽量で、持ち運びに便利。

安価で軽量にもかかわらず、しっかりとしたつくりになっています。

打鍵音も静かで、快適な使い心地。

気になるお値段は2,000円です。

キーボードのお試しとして、まずはこの製品から入るのもアリですね。

 

まとめ

iPadair第4世代は、iPadpro並の性能があり、生産性を上げるならキーボードの導入が効果的です。

iPadair対応のキーボードを探す時のチェックポイントは3つほどあります。

・接続方式

・用途(利用シーン)

・キーボード自体の性能・機能

高機能なキーボードを探すと、10,000円~30,000円と、非常に高価なものが見つかりますが、中には2,000円でしっかりしたものも買えます。