iPadairは、薄くて軽くて画面も広い、持ち運びに優れたタブレットですよね。

画面が広いので、作業用に使う人も多いです。

作業に使うなら、欲しくなってくるのがキーボード。

でも、タブレットにキーボードなんて必要かしら…なんて考える人もいますよね。

キーボードは、オンスクリーンキーボードがあるから必要ないなんて声も聞きますが、果たしてそうでしょうか?

そこで、iPadairにキーボードを使うメリットや、口コミのいるいらない論争をまとめてみました。

iPadairユーザーのキーボード導入の参考になれば、幸いです。

iPadairキーボードでできること!メリットは?

引用:https://www.ac-illust.com/

キーボードを使うことのメリット・デメリットを見てみましょう。

iPadairキーボード!できること・メリット

iPadairにキーボードを導入すると、タイピング・入力作業が圧倒的に楽です。

オンスクリーンキーボードがあるから、キーボードは必要ないという人もいますが、オンスクリーンキーボードで長文を打つのは、結構苦労します。

オンスクリーンキーボードと比べて、キーボードを使う利点を幾つか挙げていきます。
タッチタイプ(ブラインドタッチ)がしやすい。
まず、オンスクリーンキーボードでは、タッチタイプがしにくいです。

タッチタイプをする時って、キートップの感触でキーの位置を確認するじゃないですか。

オンスクリーンキーボードだと、大体の位置に指を置くだけなので、たまに指元を見ないとホームポジションがズレちゃうんですよね。

カーソルを動かしやすい

オンスクリーンキーボードのデザインにも寄るのですが、オンスクリーンキーボードはスペースの都合もあって、カーソルキーを省略しがちです。

タッチ操作でカーソル位置を操作するのって、かなり神経使いますよね。

範囲を選択している途中で、小指なんかが画面に触れて解除されたりなんかすると、どっと疲れがきたりします。
画面が広くなる
オンスクリーンキーボードの分、画面を占有してしまいます。

せっかくのタブレットのサイズ感が、台無しですね。
ショートカットキーが使える
事務作業をしている時なんかは、ショートカットキーが使えるかどうかで、大きく作業効率が変わってきます。

コピペをするだけでも、回数を重ねると、その差は大きく出ますよね。

キー入力以外にも、製品によっては、カバーを兼ねるものもあります。

iPadairキーボード!デメリット

キーボードを使うことによるデメリットもあります。
・荷物になる
薄くて軽いとはいえ、iPadairはそれなりに大きさもあります。

そこにキーボードを加えると、それなりに荷物になります。

純正品のMagicKeybordでも、200gほどあり、iPadairに装着すると700gほどになります。

持ち運ぶ分には軽いのですが、長時間、持って使っていると重さが気になるくらいです。

ましてや、BlueTooth接続のサードパーティー製になると、単純に一つ荷物が増えることもあります。
・お金がかかる
純正品は、とても高いです。

サードパーティー製のキーボードを見れば、安いものもありますが…

安い高いにかかわらず、買うか買わないかは、有料かタダかの差があります。

心理的に、そこが壁になるようです。
・出力用途には必要がない
動画を見る、電子書籍を見る…といった用途で使う分には、キーボードは必要ありません。

キーボードが本当に必要か、自分の用途を顧みてから考えるべきですね。

iPadairキーボードは必要?いるいらない?口コミ!

引用:https://www.photo-ac.com/

キーボードは必要か不必要か、使う人次第となりますよね。

では、こんな人には必要、こんな人には不必要という形で、解説していきます。

必要な人
・文章の執筆をする人

執筆等、長文を入力する人には必須といえます。
・事務作業をする人

事務作業の効率化にも、キーボードは必要です。
・動画編集等をする人

動画編集等、何らかの制作をするアプリを使うなら、キーボードがあった方がいいでしょう。

入力作業が捗りますし、ショートカットが使えることで、効率化が図れます。
・その他、仕事等で入力作業をする人

タブレットは、出力に特化したところのあるデバイスなので、入力をするにはそれ用のツールが必要になります。

何らかの入力作業をしていて、ツライな…と思ったら、キーボード等の入力ツールの導入を考えた方がいいでしょう。

不必要な人
・iPadairは、主に動画や電子書籍を読むために使う人

動画視聴や電子書籍を読むだけなら、必要ないですよね。

むしろ邪魔になります。

・プレゼンのために持ち歩いている人

営業などで、プレゼン資料を持ち歩くために利用している等、閲覧のために使うなら、キーボードは必要ありませんよね。

出先で、資料に訂正をするのに使えるかもしれませんが、少しくらいの訂正ならキーボードを出すまでもないことが多いです。

まとめ

iPadairは、画面の大きさの割に、薄くて軽く、持ち運びにも便利なデバイスです。

画面が大きいので、作業もしやすく、仕事に使う人も多いかと思われます。

入力作業には、断然、キーボードがあった方がよく、執筆や事務作業など、キーボードが必須といった場面も多くあります。

だからといって、使いもしないのに持っていても荷物になるだけなので、自分がiPadairをどう使っているか確認してから、導入を検討しましょう。