引用:https://www.apple.com/jp

タブレットをパソコン代わりに使いたいと思ったことはありませんか?

自宅やオフィスでは、デスクに設置してパソコン代わりに使い、外出時にはタブレットとして持ち歩く。

そんなヘビーな使い回しが出来るタブレットとして、一番に思い浮かべるのは、iPadProでしょう。

iPadPro(2021年)は、M1プロセッサを搭載した高性能タブレット。

M1は、Macにも使われているCPUで、iPadPro(2021年)は、パソコンと同等のスペックを持っています。

では、そんなiPadProで、何が出来るのか?

iPadProをパソコン代わりにするなら、どのモデルがお勧めか?

そんな疑問にお答えしていきましょう。

スポンサードリンク



 

iPadProで何ができる?iPadProでできること!

 

引用:https://www.apple.com/jp

iPadProでは、iPhoneで出来ることはほとんど出来ます。

出来ないのは、電話機能とSMSの「受信」くらいなもの。電話ではないので、仕方ありませんね。

これは、SIM搭載モデルに通話SIMを挿入しても同じこと。

ただし、IP電話や、メッセージアプリで同様のことは出来ます。

iPadProは、iPhoneよりも、かなりスペックが高いので、パワフルなアプリを効率的に使うことが出来ます。

下手なパソコンよりも性能が高いので、メインのパソコンとしても、十分に通用するタブレットです。

また、iPhoneにはない、iPad独自の機能もあります。以下に、二つ挙げます。

 

アップルペンシルが使える

引用:https://www.apple.com/jp/

アップルペンシルは、iPhoneには対応していません。

もちろん、iPhoneに対応したペンツールは、各社から出ています。

が、iPadに最適化したアップルペンシルの使い心地は、他社には真似できません。

アップルユーザーは、アップル純正品にこだわる傾向があるので、やはりアップルペンシルが使えるアドバンテージは強いです。

 

2つのアプリを同時に開ける

引用:https://xtech.nikkei.com/

マルチタスクは、iPhoneでも使えますが、同時に2つのアプリを表示できるSplitViewやSlideOverは、iPadにしか備わっていません。

この機能があるおかげで、iPadの操作性はパソコンに近いものとなり、より効率的な作業が出来ます。

スポンサードリンク



iPadProをパソコン代わりに使うならおすすめは?容量?インチは?

引用:https://www.apple.com/jp/

iPadproをパソコン代わりに使うなら、やっぱり、キーボードとマウスは欲しいですよね。

アップルでは、純正のキーボードとマウスが販売されています。

マウスの代わりにアップルペンシルや、トラックパッドもいいですよね。

純正品は高くて手が出せないという方は、サードパーティー製のアクセサリもあります。

ノートパソコンライクに使える、キーボード兼カバーが一般的ですね。

ドッキングステーションを使って、既存のマウスやキーボードを接続する方法もあります。デスクトップパソコンとして、便利に使えていいですよ。

HDMIポートが使えたり、各製品に独自の機能があったりするので、自分の用途に合った製品を選べます。

 

パソコンとして使うならこのモデル

iPadproだけでも、画面サイズが2種類あるし、容量も128GBから2TBまでありますよね。

パソコンとして使うなら、どのモデルがいいでしょう。

 

画面サイズ

パソコンとして使うなら、断然、画面サイズは大きい方がいいでしょう。作業効率が俄然、違います。

12.9インチがお勧めです。

ただ、持ち運びする際に、12.9インチでは大きすぎるし、カバンに入らないこともあります。

タブレットとしての取り回しも、考え物ですね。

オフィスや自宅を中心に、パソコンとしてガンガン使うなら、12.9インチ。

出先で使うことが多く、モバイル利用なら11インチといったところでしょう。

もちろん、12.9インチでも十分にカバンに入るし、取り回しも問題ないなら、12.9インチを使いたい所ですよね。

 

容量

パソコンと同じ感覚でiPadproを使うなら、256GB以上は必要でしょう。

デザイナーや動画クリエーターなど、プロユースを想定すると、512GB以上あった方がいいです。

タブレットのストレージは、メモリも兼ねているので、重い操作をするならある程度の空き容量が必要になります。

でも、iPadproの容量を増やしていくと、どんどん値段が高くなってしまいますよね。

データを保存するだけなら、外付けHDDなどの外部記憶装置やクラウドに保存することも出来ます。

自分の使うアプリの推奨環境を見て、的確な容量を選びましょう。

 

 

まとめ

iPadProは、とてもパワフルなタブレットで、メインのパソコンとしても使えるだけのスペックを持っています。

iPadProをパソコン代わりに使うなら、画面サイズは、12.9インチを使いたい所です。

が、12.9インチはカバンに入らないこともあるので、持ち運ぶ機会が多いなら11インチにしておいた方がいいでしょう。

容量は、ビジネス用途なら256GB以上、クリエイティブ用途なら526GB以上が目安です。

容量を増やすと、それだけiPadPro本体の値段も上がってしまいます。

データを保存するだけなら、外部記憶装置やクラウドで代用できます。

自分の使うアプリの推奨環境を見て、容量を選びましょう。