為替操作国とはをわかりやすく解説!認定されるとどうなるその影響は?

koreaNEWS

トランプ大統領が「中国は為替変動の動きを意図的に操作している」と激怒し、アメリカ経済省は中国を為替操作国に認定するという手段を取りました。

 

今回の件で出てきたこの聞きなれない「為替操作国」とは、一体どういったものなのでしょうか?

 

また、今回、中国が為替操作国に認定されることでどのような影響がでるのでしょうか?

 

気になりましたので調査しました。

 

「為替操作国」とは?認定されるとどうなるのかその影響は?をできるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




 

為替操作国とは何?わかりやすく解説!

8月6日にアメリカ経済省は「中国が為替を自ら操作している疑いがある」として、中国を為替操作国と認定しました。

これにはトランプ米大統領も中国に対して「もう許さないぞ」と激怒しています。

 


気になる米中関係ですが、ここでは為替操作国とは何?について詳しく見ていきたいと思います。

 

為替操作国とは?アメリカが「貿易において優位にたつために為替介入などで自国通貨安に誘導している」と認定した国のことを指します。

 

わかりやすく言うと、文字通り為替を自国の利益のために不正に操作している国」です。

 

本来、為替介入の目的は為替相場の急激な変動を抑え、その安定を図ることを、その目的としています。

ですが今回の中国の為替介入での変動は明らかにおかしく、貿易において自国の通貨安になるような動きだと判断された為、アメリカ政府は今回の措置に踏み切ったといえます。

 

為替操作国の認定条件とは?

では、アメリカ経済省は、どのようにな判断で為替操作国を認定しているのでしょうか?

 

アメリカ経済省は為替操作国としての認定条件を以下の3つの条件に定めています。

〈認定条件〉

  1. 貿易においてアメリカとの貿易利益が年間200億ドル以上出ていること。
  2. 経常黒字がGDP(国内総生産)との対比2%を6か月以上継続していること。
  3. 為替介入を行っていること。

 

年に2回作成される為替報告書によってこれらのアメリカ経済省はこれらの条件に抵触していないかを判断します。

要は、アメリカとの貿易で儲け過ぎると怪しまれるということです。

決定的な証拠がなくとも、この条件に抵触すれば認定されるといった流れだそうです。

さすがは経済大国アメリカというところですね。

 

また、対アメリカとの貿易に対して大幅に利益を出している国は「監視国」に指定されています。

 

ちなみに日本も「監視国」の指定を受けおり、トランプ大統領から「日本も中国同様に為替操作を行っている」と目をつけられています。

 

〈為替操作が疑われている監視指定国リスト〉

2016年~現在中国・台湾・韓国・日本・ドイツ
2016年~2018年スイス・インド
2019年~現在アイルランド、イタリア、ベトナム、シンガポール、マレーシア

 

中国は過去25年前にも、アメリカから「為替操作国」の認定を受けています。

ですが、今や世界的にもGDP(国内総生産)を日本を抜き、世界第2位となった経済大国ですから、その影響は過去のものとは比にならいでしょう。

 

スポンサードリンク




 

 

トランプ激怒!中国を為替操作国に認定でどうなる?その影響とは?

アメリカは中国に「自国の利益のために不正に為替操作を行った」として、「為替操作国」に認定しましたが、それによりどのような影響が出るのでしょうか?

アメリカ経済省は「為替操作国」認定により、「指定国はただちに是正措置を行わなければ、制裁措置として全ての輸出品に高い関税を敷く」と明言しています。

そのため、中国に対して高い関税が敷かれ中国産の製品が高騰します。

特に日本は製品を中国国内で低コストで生産し、それを日本に輸入しており、中国産(made in china)の製品をよく見かけると思います!

今では中国産の製品は衣類・家具・雑貨・玩具・食品・靴などその種類は多岐にわたっています。

これらの中国産の製品は低コストで買えることが魅力でしたが、アメリカの高い関税がかかることにより、中国産の製品の料金は上げられると考えられます。

そうなれば多くの中国産の製品を消費している私たち日本人にも、その影響は大きく及ぶのではないでしょうか?

中国がアメリカに対抗措置!

一方、中国もこのアメリカの一連の措置に対して、対抗措置を取りました。

それが、「アメリカの農産品の購入停止」です。これにより、日中の貿易摩擦が深刻化することが懸念されます。

一部では、ドル為替が下落し、リーマンショック並みの経済影響が出るのではと噂されています。

米中の貿易戦争は今だ先が見えない展開となってしまいそうです。

 

スポンサードリンク




 

終わりに

為替操作国とは?認定でその影響とは?「まとめ」です。

  1. 為替操作国とは「自国の利益のために為替を不正に捜査している」とアメリカが認定した国。
  2. 為替操作国の認定条件としては「アメリカとの貿易で大きな黒字(利益)を出している」ことが特徴。
  3. 為替操作国認定により、是正をしなければ制裁として対象製品に高関税がかけられる。

今回の「中国を為替操作国に認定」により、米中間の貿易摩擦がさらに激しくなるのは目に見えていますね。

長期化により、世界中に甚大な被害が及ばなければいいのですが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました