デジタルアートが高額で取引される等して、最近、話題に上がるNFT。

投機の対象として、過熱気味な様子も見えますね。転売して儲けるための投機なので、絵は何でもいいのかもしれません。

何の変哲もない石のイラストに1000万以上の値が付いたりして、ちょっとしたバブル状態も見受けられます。

さて、今からNFTに参入するとして、どうすればいいのでしょうか?

また、NFTで問題になっている転売禁止や転売対策についても、知っておいた方がいいでしょう。

簡単にですが、ご説明します。

スポンサードリンク



NFTではアート作品での出品・買取が過熱していますね。

ですが、NFTで出品するも売れないんじゃない?てところなんかが気になりますね。

こちらの別記事の方で、NFTで売れない理由やNFTで売れるものなどをまとめてみましたので、これからNFTで売りたいなんてお考えの方などは参考になるかと思います。

>>nftアート売れないのはなぜ?理由は?nftで売れるものは?

nft転売のやり方!手数料はいくら?

引用:https://chojugiga.com/

NFTは、仮想通貨に使われる、ブロックチェーンを応用した技術です。

仮想通貨は通貨としてFT(代替性トークン)を産出して、ブロックチェーン上で取引を計算する技術ですが、NFT(非代替性トークン)は代替できない唯一のものという識別子をブロックチェーン上で付与し、ブロックチェーン上で取引する仕組みです。

何を言っているのか分からないという方は、NFTはデジタル作品に、「これは唯一無二のもの」というお墨付きを付ける仕組みという認識でOKです。

これはコピーではない、オリジナルなものという付加価値を付けられるので、簡単にコピーできるデジタル作品、特にデジタルアートに価値を付けることが出来るようになりました。

この仕組みを利用して、現実の画商のようにデジタルアートを買い取り、その価値に見合った価格を付けて販売することが出来るようになります。

画商なら、真贋を判別する目利きが必要になりますが、真贋についてはNFTが保証してくれます。

NFT転売のやり方

手っ取り早くNFT投資で儲けたいなら、既存のNFT作品を買い取って転売するといいでしょう。

NFT作品は、NFTマーケットプレイスで売買されています。売買に使われる通貨は、マーケットプレイスごとに変わりますが、あらかた「イーサリアム」という仮想通貨が使われます。

イーサリアムは、ビットコイン同様に、ブロックチェーン上で取引される仮想通貨ですが、「スマートコントラクト」という、取引をプログラム化できる機能があります。

例えば、「相手が商品を送ること」「自分が100ETH(ETHはイーサリアムの単位)送金すること」という条件をスマートコントラクトに書き込むことで、確実に売買が成立します。

スマートコントラクトに、「このデジタルアートを売却した場合は、売却額の2%を著作者に送金する」というような記述をすることで、転売してもデジタルアートの制作者に代金の一部が入る仕組みが出来ます。このため、デジタルアートの売買にイーサリアムが使われることが多いのです。

 

NFT転売を始めるには、まず、マーケットプレイスに口座を作る必要があります。

マーケットプレイスは、CoincheckNFT(β版)、AdambyGMO(β版)、OpenSea等があります。

マーケットプレイスの口座に、仮想通貨等、取引可能な通貨を購入し、NFT作品を購入します。

購入金額と手数料(GAS代)を踏まえて価格を決め、マーケットプレイス上で売り出します。

NFT作品が売れたら、売却額と購入額の差が儲けとなります。

 

手数料(GAS代)

イーサリアムでNFT取引をしていると、随所でGAS代と呼ばれる手数料を支払います。

・NFTを買う

・NFTを売る

・NFTを送る

・自分のウォレットから送金する

・新しいNFTを発行する

上記のようなタイミングで、GAS代が発生します。

イーサリアムは、ブロックチェーンで取引を承認します。この承認は第三者のコンピュータによって計算されます。

ビットコインの話なんかで出てくる「マイニング」に該当する部分ですね。

GAS代は、マイニングに対する手数料です。

このGAS代は、一定の金額ではありません。イーサリアムのブロックチェーンでは、1秒間に承認できる処理の量が決まっているので、処理の数が多い時は手数料の金額で優先順位が付きます。GAS代を支払う時、「推奨されるGAS代」が提示されますが、処理の数が多い時ほど高いGAS代を提案されます。安いガス代を設定すると、いつまでたっても決済されないので気を付けましょう。

将来的に、このGAS代が高騰していくことが予想されていますが、オフチェーンなどGAS代を削減する技術も作られています。

また今後、NFTにも大きく関わってくると注目されているメタバース!今後、NFTでの転売にも関わってくるので、そのメタバースのメリットやデメリットについては知っておいた方がよいでしょう!

スポンサードリンク



<NFT!関連記事>

>>NFTアート 始め方!販売方法は?販売所や 販売サイトを解説!

>>NFTアートを作るおすすめアプリ!アプリでの作り方は?

nft転売禁止や転売対策は?

引用:https://www.irasutoya.com/

NFT取引は、まだ出来たばかりのシステムで、法的整備が間に合っていないという現状があります。

そのため、自分の著作物ではないものをNFT化して取引するようなことも横行していたりします。これは、著作権侵害になるので、相応の法的処置が課せられます。

既存の著作物に小さな変更をしてNFT化するのも、同様です。

こうした転売禁止作品に対する対策も、進んできています。

例えば、機械学習を使った画像認識AIで、元画像に多少の変更が加えられていても、転売作品であると見抜くソフトが開発されています。

転売の疑いがあるNFT作品を見つけ出したら、知らせが届くようになっています。

くれぐれも、著作物の転売行為はしないように気を付けましょう。NTF転売で、うっかり著作権侵害のNTF作品を転売した場合は、自分にも累が及ぶ恐れがあります。

スポンサードリンク



まとめ

NTF技術によって、デジタルアートの唯一無二性が確保され、デジタルアートの価値が確立されました。

それによって、デジタルアートを対象にした投機が過熱し、ちょっとしたバブルの様相を見せています。

NTFで、手っ取り早く設けるなら、NTF転売があります。

バブルがはじける前に、転売で儲けるのも一つの手です。もっとも、バブルがはじけた時に、大損することも念頭に置いた方がいいでしょう。

NTF転売をするときは、GAS代と呼ばれる手数料に気を付けましょう。

オフチェーン取引など、GAS代を削減する方法もあるので、取引の参考にしましょう。

NTF作品の中には、著作権を侵害するようなものも混ざっているので、そういったものに手を出さないように気を付けましょう。

スポンサードリンク