ブロックチェーンを使ったNFTアートが出来て、デジタルアート作品に資産価値が出来ただけでなく、アマチュアでもデジタル作品を出品・販売できるようになりましたね。

そうなると、少し山っ気のある人なら、自分でデジタルアートを作って、NFTアートとして出品してみたいと思うのではないでしょうか。

NFTアートを作るには、2つのステップがあります。

1.デジタル作品を用意する。(著作権に触れないように、自分で作った作品を用意しましょう)
2.デジタル作品を、NFTのマーケットプレイスに登録(作成)し、NFTアート化します。

あとは、マーケットプレイスに出品・販売できます。

この記事では、まずデジタル作品を用意するために、作品を作るためのおすすめアプリをご紹介します。

スポンサードリンク



2のNFTアート化する方法は、別記事でご紹介しています♪

>>nftアート始め方!販売方法は?販売所や販売サイトを解説!

<NFT攻略!関連記事>

>>nftアート売れないのはなぜ?nftで売れるものは?

>>nft転売のやり方!転売禁止や転売対策は?手数料はいくら?

NFTデジタルアートを作るのにおすすめアプリ!

引用:https://www.irasutoya.com/

NFTアートとして出品できるデジタルアートには、いろいろなものがあります。

画像、音楽、動画、プログラミング等、デジタルデータなら大概はNFT化できます。

では、それらのデジタルアートの作り方や、作るのに便利なアプリをご紹介していきます。

NFTアート!アプリの選び方!

NFTアートといっても、特別な要素が必要という訳ではありません。

先ずは、デジタル作品を作ること。デジタル作品をブロックチェーンに登録したものをNFTアートと呼んでいるのです。

デジタル作品と言っても、種類はあります。

画像作成アプリの選び方

一番とっかかり安いのは、画像でしょう。お絵かきソフトで絵を描くなり、描き上げた絵をスキャンするなり、デジカメで写真を撮るなり、写真を加工するなり…
価値があるかどうかはともかくとして、画像は比較的参入しやすいものと思われます。

絵を描くのに、何を使うのかというのも大事な点です。
スマートフォンにも、お絵描きアプリはあります。が、画面が小さく、スタイラスペンがないと辛いものがあるでしょう。
タブレットとなると、かなり描きやすくなるのではないでしょうか。ペンタブレット(液タブだったらなお良し)があれば、PCでも絵が描きやすくなりますね。
編集となると、PCの使い勝手がいいでしょう。
スマホやタブレットで描いた絵をPCに取り込んで、画像編集ソフトで、細かい所を調整したりしましょう。紙で描いた絵を、スキャナで取り込んでもいいですね。
デジカメ写真も画像として使えますが、レタッチソフトで加工すると、それらしく作れます。例えば、空き缶の写真を加工して、動物の顔っぽい絵にするとか、昔流行ったような気がします。

音楽作成アプリの選び方

音楽・音声というのもあります。DTMでコードを打ち込むとなると敷居が高いという人も多いでしょうが、演奏したのを録音してもいいし、朗読を録音してもいい。ASMR的なものを録音してもいいですね。例えば、せせらぎの音に鳥の鳴き声や着水音、適当に自然にありそうな音を合成して、ループ再生できるように調整したものなんかでもBGMとして使えそうですもんね。

音楽・音声作品は、録音するだけと考えれば、ハードルが下がります。実際は、音声編集ソフトで編集しないと聞くに堪えないものになりがちですけどね。
録音は、凝るならダミーヘッドを使うとか、スタジオを借りるとかいう手があります。簡単に済ますなら、スマホの録音機能で済ませます。
音楽を作るなら、本格的にDTMソフトを使うというのもありますが、鼻歌から音楽を作るアプリなんてのもあります。

動画作成アプリの選び方

動画も、アニメーションを作るとなるとハードルが高いかもしれませんが、録画をするだけならそれほど難しくはありません。
ホームビデオの1シーンが8000万円で売れたなんて話もあるので、可能性はありますね。
旅行先の観光地の風景を撮りためて、BGMに合わせて切り替えていくとかなら割と考え付きそうです。虫が好きな人なら、例えば近所でカマキリを探して動画に取り、撮りためたものをBGMに合わせて切り替えていくといったように、何らかのテーマに合わせたスライドショー動画を作ってみてもいいですね。こういうのって、刺さる人には刺さりそうです。

動画作品には動画編集ソフトが必要になるでしょう。録画したものにしても、そのままでは余分な箇所があったり、マイクが風を拾っていたりして、観るに堪えないものになってしまいます。簡易的に動画編集ソフトで、アニメーションを作ることも出来ます。絵を何枚も重ねたり、エフェクトを付けたりして、手軽とはいいがたいです。

NFTアートアプリでの作り方!

NFTアートの作り方!「画像をつくるアプリ編」

デジタルアートを作る時、比較的挑戦しやすいのが画像ではないでしょうか。

illustratorPhotoshopを使って、絵を描くことを想像してしまうかもしれませんが、写真やコラージュ(素材の著作権に気を付けてくださいね)も画像です。

illustratorやPhotoshopは高いと思うかもしれませんが、illustratorやPhotoshopの無料版もあるし、GIMP等のフリーウェアもありますよ。

また、紙に下書きを書いて、スキャナやカメラで取り込むなんてことも出来ます。

デジタルに拘らず、手書きのイラストをデジタル化するなら、PCの苦手な人でも取り掛かれるし、スマホ1台で作成することだって可能です。

NFTアート!アプリで画像の作り方

手順としては、以下の通りです。

1.紙に手書きで下書きを書く。
2.スキャンアプリ(CamScannerフォトスキャン等)で、下書きをスマホに取り込む。
3.お絵描きアプリ(アイビスペイント等)で、スキャンした画像に着色や編集をする。
ちょっとした落書きからでも、デジタルアートを作成できますよ。

※これらは一例ですので、使用するアプリによってやり方は変わってきます。

NFTアート!画像つくるためのオススメのアプリ

では、NFTアートをつくるための画像オススメのアプリをご紹介していきます。

illustrator・Photoshop

定番の画像編集ソフトですね。スマホ対応版や、無料版もあります。
出来ることが多い分、高くて操作も面倒だったりします。お手軽とはいいがたいですが、本格的な画像編集のできるソフトです。

GIMP

Photoshopの代替品として有名な、無料で使える高機能な画像編集ソフトです。
デザインの仕事をするわけではなかったら、こちらをお勧めします。

CamScanner

スマホカメラを使う、スキャンアプリです。
大体の範囲を自動認識してから、手動で調整できるので、手軽で正確にスキャンできます。
撮影後にごみ取り等の修正が出来るので、きれいに画像を取り込めます。

フォトスキャン

スマホカメラを使う、スキャンアプリです。
反射を除去できるので、写真のスキャンに最適です。

アイビスペイント

スマホ用のお絵描きアプリです。
PCのイラストソフトにも負けない本格的なお絵描きアプリで、スマホでも快適にお絵描きできる使い勝手の良さがウリです。

NFアートの作り方!「音楽をつくるアプリ編」

NFTアートは、何も画像(絵画)だけではありません。デジタルデータに唯一無二性を付与するので、音楽だってNFTにすることが出来ます。

音楽NFTの戦略というのもありそうですよね。

メタバース内でのテーマ曲にしてみたりすると、自分だけのオリジナルな音楽として特別感が出ますよね。

将来、売れそうなインディーズの楽曲を、本人の許可を得てNFT化。将来、歌が売れた時に、「原点となった音源」とかいってプレミアが付けば、高額で取引されることも考えられます。

いっそ、プレミアを狙って、音楽プロデュースするといったビジネスも出てくるかもしれませんね。

デジタル音楽作品を作るには、DTMとかDAWといったソフトが必要になります。

NFTアート!アプリでの音楽の作り方!

自動作曲システム「CREEVO」を使った音楽作品の作り方をご紹介します。

CREEVOは、歌詞を入力することで、メロディーを生成するプログラムです。

CREEVOは、科学実験の一環として公開されているシステムです。システムの利用は実験の協力という形になり、システムで作られた楽曲はパブリックドメインとして、著作権のない作品という扱いになります。著作権がないのだから、商業利用しても問題ないといえますが、他人が利用することを制限することも出来ないのでご注意ください。

1.CREEVO(https://creevo-music.com/)を開き、右上の「曲を作る」をクリックする。

2.歌詞を入力し、「自動かな変換」をクリックします。

3.読みがなを調節し、「読みがなを確定」をクリックします。

4.作曲タイプを選択し、ボタンをクリックします。

5.メロディが生成されます。10分以内にダウンロードしてください。

※これは、「CREEVO」を使った、音楽作成の一例です。音楽作成ソフトは他にもいろいろとあります。「CREEVO」で作成した楽曲は、著作権を主張できないので、他のアプリを使うことをお勧めします。

 

NFTアート「音楽をつくる」おすすめアプリ!

SteinbergCubase

国内シェアトップのDAWソフト。プロアマ問わず多くのミュージシャンが使っています。

Medly

iOS対応の音楽作成アプリ。音を鳴らしたい長さの分なぞるだけの直感操作で作曲できるツールです。
音楽理論に沿った音階のみが抜粋されるので、初心者でもまとまりのある曲が作れます。

Chordana Composer

作曲の知識がなくても、鼻歌をマイク入力するだけで音楽が作成できるアプリです。
仮想鍵盤やマイク入力で、メロディを入力したら、ジャンル、コンセプト、メロディの動きの大きさ、メロディのテンションといった項目を自由に組み合わせて自動作曲します。

NFTアートの作り方!「動画をつくるアプリ編」

動画もNFTで扱われています。

「10秒のムービーが7億円で売れた」なんてニュースになったくらいで、動画も高額取引の可能性を秘めています。

オリジナルアニメーションを売り出すこともあれば、駆け出しのアイドルのプロモーションビデオ(もちろん本人許諾のオリジナルで)を作成し、プレミアがつくのを狙う作戦もアリではないでしょうか。

NFTアート!アプリでの動画の作り方!

例えば、ゲーム動画なんてどうでしょう?

ゲームをプレイしていて、珍しくて、カッコよくて、トリッキーなシーンが作れたなら、それはちょっとした作品になるのではないでしょうか?
メーカーとの著作権の問題が出てきそうで、全面的にお勧めできるものではありませんが、トップゲーマーのプレイシーンを切り取ってNFT化するマーケットもあるので、可能性はありますよね。

1.[Windows]+G を押して、動画をキャプチャしながらゲームプレイ
WindowsのPCで、[Windows]+G を押すと、XBoxゲームバーが起動されます。
この機能を使って、ゲームをキャプチャ(録画)できます。
ゲームをキャプチャしながら、使えそうなシーンを作りましょう。

2.リプレイ機能でシーンを作りこむ。
そのゲームにリプレイ機能があれば、より映像が映えるように、カメラ位置を調節したりして、シーンを作りこみます。

3.編集
キャプチャした動画を動画編集ソフトで編集します。該当するシーンを切り抜き、映像がよりカッコよく観えるように工夫し、完成させます。

※今回説明したのは、Windowsの機能でゲーム動画を作る方法です。ゲームキャプチャは他にもいろいろあり、より多機能なものが出回っています。また、ゲーム動画以外にも、動画のジャンルはあります。

NFTアート「動画をつくる」おすすめアプリ!

PremierePro

アドビシステムズの定番動画作成ソフト。
これ一つで、大概の動画編集は出来ます。

AfterEffects

アドビシステムズのアニメーション作成ソフト。
名前の通り、イラストにエフェクトを付けるために使います。

AviUtl

高機能で使いやすい動画編集用のフリーソフトです。
動画の基本編集は、これ1本でいいくらい多機能です。

プログラミング

プログラムをNFT化して販売することも出来ます。

ゲームをNFT化して販売したり、トレーディングカードなんかはいい例ですよね。

同じプラットフォームで内容の異なるパズルゲームを大量に作り、安価で提供。ゲームが気に入った人がいれば、別のパズルを欲しがり、購入・交換する。使い捨ての体験を、使い終わったら売って、また別のを買うといった流れが出来たら、少しずつでも売買収益が入ってきますよね。ゲームクリアに何らかの特典を付ければ、それをコレクションするために売買が頻繁に起きるかも。ゲームクリアの証明書みたいなのをNFT化して発行しますとかなら、勲章代わりになりますよね。

そんな妄想を膨らますくらいに、プログラムのNFT化は可能性がありますよね。

NFTアートはスマホでも作れる?作り方は?

正直な所、スマートフォンで作れるデジタル作品は、上記にも紹介したように、色々あります。

折角なので、今、思いついたモーフィング画像をご紹介します。

スマホならではで、オリジナル作品を多数作れるので、オススメできると思います。

使用するのは、スマホで使えるモーフィングアプリです。

「Beauty Face Plus」なら、iPhoneでもandroidでも使えますね。

 

1.スマホにモーフィングアプリをインストールします。モーフィングの中間画像を保存できるアプリを選びましょう。なければ、スマホのプリントスクリーン機能を使います。

2.スマホで写真を撮りまくります。この際、権利やプライバシーに抵触しないように、他人が写るのは避けましょう。動物や自然物等がオススメです。

3.手当たり次第に写真をモーフィングさせて、面白そうな画像が出来たら保存します。モーフィングの定番ですが、(差し支えなければ)自分の顔と動物の顔を組み合わせて、オリジナルなキャラクターを作ると、プロフィール画像の需要がありそうですね。横顔で作るとそれっぽくなりそうです。

出来上がった画像を、画像編集ソフトで「ノイズ除去」すると、いい具合に仕上がるのではないかと思います。

絵を描くのが苦手な人でも、何も書くことなく、オリジナルな画像が出来ます。

スポンサードリンク



まとめ

NFTで取引する材料を作ってみたいという需要がありそうなので、デジタル作品を作成するのに便利なツールを紹介しました。

簡単な画像の作り方や、それに役立つツールも紹介しています。

NFTとして販売するとかは、おいておいても、作品作りを楽しむきっかけにでもなれば幸いかと思います。

スポンサードリンク