韓国が輸出規制をWTOに提訴でどちらが有利に?海外の反応は?

koreaNEWS

24日に、WTO(世界貿易機関)の一般理事会が行われ、そこで日本の韓国への輸出規制(優遇処置撤廃)が正当なものかということが議論になっています。韓国が輸出規制(優遇処置撤廃)を今回の議題に提起し、世論に訴えかける形になっているようです。日本の優遇措置撤廃(ホワイト国解除)に対してWTOに提訴する構えをみせている韓国ですが、海外はどのような反応をみせているのでしょうか?また、韓国がWTOに提訴した場合、有利になるのはどちらなのでしょうか?WTO提訴での海外の反応などを詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



〈韓国〉輸出規制をWTOに提訴!で有利になるのは?

 

韓国が日本の輸出管理規制に対して、WTO(世界貿易機構)に提訴する考えを発表しています。7月初旬から、日本は韓国の輸出管理(不正輸出)に問題があることを理由に、軍事転用が可能な物資の輸出手続きの厳格化などの輸出管理の強化に踏み切りました。

 

軍事転用が可能な「フッ化ポリイミド」「レジスト」「エッチングガス(高純度フッ化水素)」の3品目について、輸出手続きを厳格化した。

 

輸出管理強化に対して「反日」が悪化!

 

これにより、韓国では日本製品の不買運動や日本語狩りなどの『反日運動』が過熱し、一方、日本では河野外相が元徴用工問題で日本が要望している仲裁委員会の設置に対しての返答がないことに対して駐日韓国大使を呼び出し韓国は極めて無礼だ。国際法違反の状態をこれ以上、野放しにせず、直ちに是正措置を取るべきだ」と怒りをあらわにしており、両国の関係は戦後最悪といっていいほどに悪化しています。日本政府はさらなる処置も検討しているとしています。

 


また、韓国ではさらに「反日運動」がエスカレートしているようで、19日は,在韓国日本国大使館の住居の敷地に韓国人男性が車で乗りこみ、車両を炎上させたり、韓国人学生が在釜山日本国総領事館敷地内でデモ行為を行い、警察に拘束されています。

日本政府はこれらのことを受け、外務省より日本人旅行者などを対象に注意喚起を促しています。

 

 

WTO会議で韓国が輸出規制を議題に!その内容と両国の主張とは?

 

24日からWTO (世界貿易機構)の一般理事会が行われ、そこで今回の日本が韓国に行った輸出管理強化の不当性を韓国側が一般理事会に議題にあげるよう提起し、世界的に議論されることとなりました。韓国としては日本の輸出管理強化の不当性を世界の世論に訴えかける絶好の機会ではないでしょうか?そして、ここで世界の賛同を得て日本に輸出管理強化の解除を迫りたい構図となります。

 

韓国側は今回のWTO一般理事会に、韓国政府の切り札とされる金室長級高官を参加させています。この金室長ですが「福島水産物訴訟」で逆転訴訟の立役者といわれる人物で、日本側もこの金室長の発言には警戒していると報道されています。

 

「日本がホワイト国問題まで拡大すれば日本の(WTOルール)違反範囲はさらに大きくなる。日本政府が慎重に措置することを期待する」

金室長は理事会でも日本政府の輸出規制強化措置が自由貿易価値を深刻に損ね世界的サプライチェーンと産業に悪影響を与えるという点を強調した。日本が政治的目的から経済報復を敢行した点にも強い遺憾を示した。日本が輸出規制の根拠に主張した「信頼が損なわれた」と「不適切な状況」が現在のWTOルール上の輸出規制措置の根拠にならないという点も再度指摘した。

引用:headlines.yahoo.

 

一方、日本側としては、「安全保障上に問題があるため、輸出に対しての特別優遇を自国の判断で解いただけのこと、WTOのルール違反にはならない」と主張しています。

 

世耕弘成経済産業相は対韓輸出規制について、23、24日にジュネーブで開かれる世界貿易機関(WTO)の一般理事会も含め、関係各国に説明する考えを示した。「安全保障のための輸出管理制度の適切な運用に必要な見直しで、専門家が聞けばきわめて常識的な話。各国にしっかり説明したい」と、23日の閣議後会見で語った。

輸出規制強化に関し、世耕氏は「WTO(の規定)違反との指摘は全くあたらない」との認識をあらためて示した。「輸出管理問題は安全保障に直結する」との認識も併せて示し、事前に合意した情報公開ラインを巡って韓国側が「一方的に崩していることは大変、残念」と述べた。

引用:headlines.yahoo

 

WTO提訴で有利なのは?

 

韓国はWTO(世界貿易機構)に日本の輸出管理強化を提訴する構えですが、実際に提訴となった場合、有利になるのはどちらなのでしょうか?

 

専門家の見解では、日本の方が有利では!?という意見があがっています。その理由としてWTO(世界貿易機構)が今回の日本の安全保障での処置に対して判断できる範囲が極めて限られているためだとしています。

 

ただ、日本も提訴された場合、輸出管理強化の根拠を立証しなければなりません。韓国としては、この立証が難しいとして強固な姿勢にでていると思われます。ただ、日本もこういう展開は優に予想できるはずなので、なんらかの立証できるものがあることが推測されます。

 

いずれにしても、提訴でどちらかの勝訴となった場合は、さらなる関係悪化は避けられず、世界的な問題にまで発展していきそうです!アメリカ・中国・ロシアなどを巻き込んでの問題にならないことを願うばかりです!このままでは、収集のつかない事態にまで発展し、アメリカが仲裁に入ってくるにも時間の問題かと思われます。

 

アメリカ仲裁で日本は不利に?

 

しかし、そうなった場合に不利になるのは日本ではないでしょうか?日本は悪魔でも輸出管理の強化は安全保障上での問題があるためとして、「元徴用工」の問題とは別だとしています。そして、このことに関して日本の不利益は無く、反対に韓国は経済の3割以上を占める半導体市場に大打撃になる恐れがあります。

 

仮にアメリカが仲裁に入った場合、解決の落としどころとして考えられるのは、日本の「輸出管理の緩和」と韓国の「徴用工判決の再審」だと思われます。

 

韓国にとって、日本が「輸出管理の緩和」をすることで、半導体事業は今までの勢いを取り戻し経済の安定に繋がり、経済破綻の問題が解決され、安堵することでしょう!文政権も以前の支持率を取り戻すと思います。そのメリットは多大にあるといえます。

 

一方、日本では「徴用工判決の再審」により、仮にその判決が退かれたとしても、はじめから韓国サイドの勝ってな判決には応じるつもりもなく、世界裁判にかければ勝訴するという認識です。そして、日本の当初の「安全保障上の問題」が解決できない恐れがあります。まさに、本末転倒となる事態となります。

 

現に韓国側はアメリカに仲裁の要請を行っているようですが、アメリカは今のところ静観しています。日本も韓国への輸出管理強化に踏み切る前に、事態を想定してアメリカに対して何等かの対応はおこなっているはずです。そして、アメリカは、中国や北朝鮮との絡みがあるため、むやみには動けず静観を貫いているというところだと思われます。

 

まさに、今回の騒動のキーマンはアメリカであるといえるでしょう!今後のアメリカの出方に注目が集まります。

 

スポンサーリンク



 

〈韓国〉輸出規制をWTOに提訴!での海外の反応は?

 

韓国が輸出管理の強化をWTOに提訴した場合の、海外の反応はどのようなものなのでしょうか?

 

多くの諸外国の企業は、韓国のWTO提訴により、日本の輸出管理に対する処置が厳しいものにあり、世界的に経済の影響がでることを懸念しています。

 

特にアメリカの「アップル社」などが加盟するIT企業団体は日韓両政府に対して、ただちに事態を収束させる旨の書簡を送ってい、早期和解を促しています。

 

「輸出管理政策の一方的で透明性を欠く変更は、供給網の途絶や出荷遅延の原因となり得るだけでなく、最終的には(両国の)国内外で展開する企業やその従業員に長期にわたり害を及ぼす可能性がある」と指摘した。

 

韓国は、韓国の半導体市場衰退により、世界各国のIT企業への衰退につながると訴えています

 

『トランプ大統領の反応』

 

 

日韓に介入するのは「フルタイムの仕事のようなものだ」として、乗り気でない様子をのぞかせている。

 

中国メディアの反応

 

 

中国メディアは、中国政府が日韓輸出問題に傍観状態のアメリカに対して仲裁の意志があることを報道している。

「日本は中国がアジアの諸問題解決において重要な役割を担っていることを認識しているし、韓国にとって中国は最大の貿易相手国。仲裁者としての重責が中国に期待されるのは自然なことだ」

 

〈韓国〉輸出規制をWTOに提訴!で日本のネットでの声は?

 

終わりに

 

日本の韓国に対するホワイト国優遇撤廃に対して、海外でも注目されていました。

徴用工の問題の解決も見られないことから、この輸出問題も当面長引く模様ですね!

打開策として、やはり第三国の仲裁が必要になってくるのでしょうか?

いずれにしても、お互いにとって得しないことはだけは避けたいものです。

スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました